人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソニーがBluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドホン「1000X」シリーズなどヘッドホン11機種を発売

2017.09.11


■『WH-1000XM2』

WH-1000XM2

2016年10月に発売した『MDR-1000X』と同様に、ヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンの中で業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を実現。ヘッドホンの内側と外側に配置された2つのセンサーでノイズを集音し、騒音を打ち消す効果のある信号を高精度に生成、ノイズを低減する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」と、周囲の騒音を常に分析し、3つのノイズキャンセリングモードから最も効果的なモードを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング」で、ノイズに妨げられることなく音楽に集中できる。

また、ノイズキャンセリング性能を最適化する機能が進化。『MDR-1000X』に搭載して評価が高かったユーザーの装着状態や耳の大きさ等に合わせてノイズキャンセリング性能を最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」に加え、気圧計も内蔵。飛行機に搭乗中など気圧の変化に合わせてノイズキャンセリング性能を最適化する機能も世界で初めて実現した。

またCD音源や、MP3など圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXを、ヘッドホン本体に搭載。さらに、従来のBluetoothの最大約3の「アダプティブサウンドコントロール」、お好みの音場や音質で音楽を楽しめる「サラウンド(VPT)/イコライザー」、音楽が聞こえてくる方向を変えられる「サウンドポジションコントロール」などの操作が可能だ。

スマートフォン専用アプリ「Sony | Headphones Connect」を使えば、外音の取り込み方を好みのレベルに自由に調整できる「外音コントロール」や、スマートフォンの加速度センサーでユーザーの行動を検出して、自動的にノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を切り替えることのできる世界初の「アダプティブサウンドコントロール」、好みの音場や音質で音楽を楽しめる「サラウンド(VPT)/イコライザー」、音楽が聞こえてくる方向を変えられる「サウンドポジションコントロール」などの操作が可能だ。

WH-1000XM2


『WI-1000X』

WI-1000X
ネックバンド型のワイヤレスヘッドホンの中で業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した。「デュアルノイズセンサーテクノロジー」と「フルオートAIノイズキャンセリング」で、ノイズのある環境でも音楽を存分に楽しめるほか、『WH-1000XM2』と同様に、飛行機搭乗中の気圧の変化に応じてノイズキャンセリング性能を最適化することができる。

フルレンジを担う高感度9mmダイナミックドライバーユニットと、高音域を担うバランスド・アーマチュア・ドライバーユニット(HDスーパートゥイーター)を組み合わせたHDハイブリッドドライバーシステムを採用し、高音質化を実現。また、ソニー独自のデジタルアンプ「S-Master HX」も搭載し、本体内での音質劣化を最小限に押さえ、原音を忠実に再生していく。また、『WH-1000XM2』と同様に「Sony | Headphones Connect」に対応する。

WI-1000X

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。