人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

左右独立型の人工知能と健康管理システムを装備したファミリーイナダの最新マッサージチェアがスゴい!

2017.09.10

マッサージチェアのトップメーカーであるファミリーイナダは、世界初となるウェアラブルデバイスとの同期やアプリとの連携による『365日24時間の健康管理システム』を搭載。人工知能と通信ネットワークで家庭用医療機器へと進化したメディカルチェア『ルピナス』の新モデル、業界初の「左右独立型 人工知能 肩メカ」を搭載した『ファミリーメディカルチェア ルピナスショルダー FMCLPN5500』を10月1日より発売を開始する。
販売方法は5年間の健康管理システムにもとづく契約販売となる。Wi-Fiモデルは月々6900円(税別)×60回。LTEモデルは月々7900円(税別)×60回。いずれも無金利。本体カラーはアイボリー、ブラック。

家庭用医療機器『ルピナスショルダー FMC-LPN5500』の大きな特徴は、以下の3つとなる。
まず1つ目の特徴は、業界ではじめてマッサージチェア本体に、左右独立した動きと人工知能のAIマッサージシステムによる肩専用メカを搭載。まるで人の手のように「気持ちいい」と感じるマッサージを提供する。
2つ目の特徴は、1人ひとりにあった気持ちよさを実現する、人工知能システムを搭載していること。ファミリーイナダ独自の、アジャストセンサーによる指圧点自動検索システムに加え、人それぞれの異なる体型や筋肉の状態を把握し、最適なモミ動作を実現することで、肩だけでなく、背中、腰、全身を1人ひとりにあった気持ちのよさを提供していく。
3つ目の特徴は、世界ではじめてウェアラブルデバイスとの同期や同社オリジナルのアプリとの連携による『365日24時間の健康管理システム』を搭載。マッサージチェアは嗜好品から必需品へ進化、家族全員の健康管理をサポートしていく。

具体的なマッサージ機能としては、ルピナスショルダの「左右独立型 人工知能 肩メカ」は、これまでのメカではできなかった肩の「把握揉捏」を実現。肩の僧坊筋は大きく分厚い筋肉なので、手でつかんだまま、肩の横方向の筋肉を垂直にもむ、この「把握揉捏」という技法が、プロの基本の手技となっている。

『ファミリーメディカルチェア ルピナスショルダー FMCLPN5500』(アイボリー)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。