人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.09

タフで防水に対応しながら高画質を実現したソニーの超小型デジタルカメラ『RX0』

ソニーは、同社プレミアムコンパクト「RX」シリーズで追求してきた高画質技術を防水性と堅牢性を備えた小型ボディに凝縮したコンパクトデジタルスチルカメラ、サイバーショット『RX0』を10月27日より発売する。なおソニーストアでは、9月6日10時より、先行予約販売が開始される予定。

RX0

『RX0』は、本体約幅59.0×高さ40.5×奥行き29.8mm、質量約110g(バッテリーとメディア含む)の小型軽量化を実現。さらに、様々な撮影シーンに対応するため、カメラ本体に水深10mの防水性能や2.0mの落下耐性、200kgfの耐荷重という堅牢性を確保した。また、最高960fps(最大40倍)のスーパースローモーション機能、歪みの少ない高速連写を実現する最高1/32000秒のアンチディストーションシャッター、高画素ながら最高16コマ/秒の高速連写などの撮影機能を搭載。ピクチャープロファイル、S-Log2ガンマ、画素加算のない全画素読み出しの4K動画のHDMIクリア出力などの撮影機能も備える。

RX0

撮影機能としては、まず高感度で低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現するメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、高解像で歪みの少ない広角ZEISS Tessar T* 24mm F4.0(固定)レンズ、画像処理エンジンBIONZ Xなどを搭載。有効約1530万画素の高解像度データも高速に処理し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影を可能にした。

そして最高960fps(最大40倍)のスーパースローモーション機能を搭載。最大約4秒まで撮影できる。フレームレートは960fps/480fps/240fps、記録フォーマットは60p/30p/24pから指定でき、被写体のスピードに合わせて最適な倍率で、4倍~40倍のスローモーション映像の記録が可能。肉眼では捉えきれない一瞬を一連の動作として捉えることで、よりクリエイティブな映像表現が実現する。

シャッターに関しては、センサーからの高速読み出しにより、高速な被写体を撮影する際に発生しやすい動体歪み(ローリングシャッター現象)を低減。電子シャッターによる最高1/32000秒の高速シャッタースピードを達成している。また、速度優先連続撮影時には、最高約16コマ/秒の高速連写が可能で、決定的な瞬間を逃さず捉えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ