人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.09

NASA考案のゼログラビティ姿勢理論を採用した大塚家具の電動リクライニングチェア『True Zero Gravity-SORA』

大塚家具は、NASA(アメリカ航空宇宙局)が大気圏を突破する宇宙飛行士の身体的ストレスを最も軽減する姿勢として考案した「ゼログラビティ」姿勢理論を忠実に取り入れた電動リクライニングチェア『True Zero Gravity-SORA』の販売を開始する。ラインアップと価格はベージュ/グレー(布)が39万8000円(税込)、ブラック/ダークブラウン(革)は46万8000円(税込)。ウルトラスエード仕様(受注生産品)も用意。

True Zero Gravity-SORA

腰痛や膝痛人口の多いアメリカで、1990年代のリラクセーションブーム以来、注目を浴びたのがNASAのリサーチをもとに開発された「ゼログラビティ」姿勢理論だ。この「ゼログラビティ」姿勢理論をパーソナルチェアに忠実に取り入れたのが『True Zero Gravity-SORA』だ。

この『True Zero Gravity-SORA』は、シートの傾斜調整とフットレストの角度調整を電動で独立して行なうことができ、傾斜角度を116度~最大153度まで無段階で調整できるので、利用者にとってリラックスできる最適な姿勢をとることが可能だ。下肢を上げることで腰椎部の屈曲を防ぐとともに、からだのラインが自然なS字カーブを維持しやすく、下肢の血液や体液を上半身に戻し、酸素の循環も促すという。その結果、心拍や呼吸数が安定して副交感神経を高めることで、心身ともに高いリラクセーション効果が得られるという考えだ。

 

True Zero Gravity-SORA

背を起こし、フットレストが収納された状態

True Zero Gravity-SORA

通常のリクライニングポジション

True Zero Gravity-SORA

NASA考案のゼログラビティポジション

True Zero Gravity-SORA

いままでにない最大傾斜153度のポジション

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ