人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.08

夢か、現実か。人生最良の時間を堪能できる門前仲町の酒場『S』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団


(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

夢か現か、人生最良の1時間体験酒場・門前仲町『S』の評価

オヤジス度    ★★
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★★

 ここ2〜3年、安酒場界にひとつの新しいムーブメントが起きているのを知っているか!

 酒のセルフ飲み放題……通称“大人のドリンバー”といわれてるヤツだ。

 知らない人に説明すると、バイキングのビュッフェ台のように、酒がそれこそ日本酒や焼酎は一升瓶で注ぎ口にポンプみたいなのが付いた状態でズラズラ〜っと置いてあったり、サワーだハイボールだが炭酸と一緒に出てくるディスペンサーだ、生ビールのディスペンサーだ、カクテル用の割るリキュールだ、ウイスキーだ、バーボンだ、ワインだなんだかんだ、酒屋みたいにとにかく大量に置いてある。

 客はだいたい30分400円〜から500 円くらいの、信じられない安い金を払えば、その酒を自分で好きに注いで飲み放題っていう、少し前までは、

「そんなの実現不可能だろ?」

 と思わざるをえない夢のような酒呑みスタイル!!

 神田と秋葉原の間にあるシャブシャブすき焼きで有名な『M(仮名)』の安呑みラインの店舗が最初にはじめたんだと思うんだけど、一体どうやって採算とれるのか不思議に思いつつも、このスタイルの店が最近ポツリポツリではあるが増えてきてる!

 そして〜!! こっからが今回の本題。この前、所用で門前仲町に行ったら、そんな酒セルフ飲み放題専門店が昼の1時から営業してやがんだよ〜。当然入ったね。その『S商店(仮名)』という店に!

 まずはカウンターの席を案内されて飲み放題30分490 円という説明を受けると、すぐにドリンクバーにいって酒を注げという。なんでかっていうと、一杯目の酒を注いでテーブルに座った時から飲み放題タイムのカウントを開始するっていうんだよね。ここらの明朗会計ぶりがいきなり素晴らしい!

 で、ドリンクバーにいくとあるあるあるある! 百種類くらいの酒がズラズラ〜ッと置いてある!!

 時間も昼の1時半くらいで暑い日だったしね、とりあえず冷たいモノを呑もうと,ジョッキに氷を入れ、甲種焼酎……それも用意されてるのはなんとキンミヤを多めに注ぎ、ディスペンサーから炭酸をぶち込む! ジュワ〜と弾ける泡! いや〜自分で作ると、その出来立ての“さぁ〜飲んでください”って酒自体が主張してるかのようなフレッシュ感があって、それを眼前で見るとますます肝臓が鳴ってくる!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ