人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.08

ヤマハが初音ミクなど最大5種類の歌声に対応したボーカロイドキーボード『VKB-100』を発売

ヤマハはキーボードで「歌を演奏する」という新しいスタイルのデジタル楽器、ボーカロイドキーボード『VKB-100』を12月より発売を開始する。価格はオープン価格。

VKB-100

今回、ヤマハでは歌詞とメロディーを入力するだけで、コンピューター上で人工の歌声を作り出すことができる歌声合成技術およびその応用ソフトウェア「VOCALOID」を開発。ボーカロイドキーボード『VKB-100』は、この「VOCALOID」によって実現した、リアルタイムに歌詞を歌わせて演奏を楽しむキーボードだ。

『VKB-100』には、あらかじめシンガー「VY1」の歌声ライブラリが搭載されている。さらに、スマートフォン・タブレット用の専用アプリケーションから、最大4人(「初音ミク」「Megpoid」「IA」「結月ゆかり」)までシンガーを追加することが可能。なお、その中から最初の1人については無償で追加使用することができる。

本体は楽器との一体感が得られるよう、一般的なキーボードと異なり、肩からさげて演奏することができるミニ鍵盤タイプのショルダーキーボードデザインを採用。左手で操作子をコントロールし、声色に表情を付けながら、右手でメロディーを奏でることに集中することで、演奏する気持ちよさを味わえる楽器となっている。なお、本体背面にスピーカーが搭載されているため、キーボード単体でも楽しむことができる。

『VKB-100』には、あらかじめ5種類のボーカロイド曲の歌詞がプリセットされている。また、ユーザー自身が専用のスマートフォン・タブレット用のアプリケーションで歌詞を事前入力すれば、鍵盤やボタン操作で自由にメロディーや歌い方を変化させられるためシンガーにオリジナル曲、既存曲を問わず様々な楽曲を歌わせて楽しむことが可能だ。

関連情報

http://www.vocaloid.com/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ