人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.03

ビジネスパーソン1万5000人に聞いた仕事満足度ランキング

総務省統計局が7月28日に公表した「労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)6月分」によれば、国内の就業者数は6583万人で、前年同月に比べ61万人の増加。これで54か月連続の増加となった。雇用者数は5848万人で、こちたも前年同月に比べ87万人の増加で、併せて54か月連続の増加になる。これに対して完全失業者数は192万人と前年同月に比べ18万人の減少を記録。これで85か月連続の減少になった。

そんな中、総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、20歳~59歳のビジネスパーソンを対象に、仕事に対する満足度調査を実施した。この調査は、現在就いている職種について、『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に満足度を100点満点で回答してもらい、その結果をまとめたものだ。

『総合』満足度は、平均63.7点。全110職種の中で最も満足度が高かった職種は、1位が「融資審査・契約審査(金融系専門職)」で73.5点、2位が「MR(営業)」(71.6点)、3位が「人事(企画・管理)」(70.9点)だった。
1位の「融資審査・契約審査(金融系専門職)」は、5つの指標すべてで上位5位に入るほど、仕事満足度が高い結果になっている。

「会社全体に対する貢献を感じられる」「成果に対する明確な報酬がある」など、仕事へのやりがいや年収に対する満足度が目立つ一方、「残業は少なめ」「有給を取りやすい」などワーク・ライフ・バランスを取りやすい環境であることが回答者のコメントから推察でき、全体的なバランスが取れている結果が満足度にも表れていると考えられる。
2位の「MR(営業)」は『仕事内容』、『職場環境』の満足度が高かっただけでなく、『給与・待遇』の満足度が110職種中最も高い結果となった。3位の「人事(企画・管理系)」は、全体的に満足度が高く、特に、『給与・待遇』の満足度が全110職種中3位という結果に。

本仕事満足度調査では、企画・管理系職種が上位20職種中9つを占め、「希望通りの仕事ができている」「やりたかった職種に就けているから」という回答者の意見が目立った。企画・管理系職種は、やりたいこと、得意なことを仕事にしている人が多い傾向にあり、『仕事内容』に対する希望と現実のギャップが少なく、満足度が高い結果につながっていると考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ