人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インターネット時代を先取りした設定と世界観!『電光超人グリッドマン』が待望のBlu-rayへ

2017.08.31

1993年4月より放送された『電光超人グリッドマン』の待望のBlu-ray化が決定した。『電光超人グリッドマン』はインターネット時代を先取りした世界観が展開され、そこに特撮・特殊効果やビデオ合成、CGなど当時の最新映像技術を投入。新たな映像表現への挑戦が凝縮された作品として、再評価の気運が高まっている。

電光超人グリッドマン

「電光超人グリッドマン Blu-ray BOX」
発売日/2017年12月20日(水)
価格/3万2900円(税別)
収録時間/946分(予定・1話~39話収録)
スペック/リニアPCM(ステレオ)・AVC・BD50G×7枚・4:3(1080i High Definition)

■設定とストーリー
廃品を使って自分のパソコン「ジャンク」の立ち上げを試みる翔 直人、井上ゆか、馬場一平の仲良し3人組と、同級生で友人がいない孤独な秀才・藤堂武史。
ある日、彼らが住む街・桜が丘の電話回線に、異次元宇宙から脱走してきた奇怪な力を持つ魔王カーンデジファーが侵入。武史の歪んだ性格に目をつけたカーンデジファーは、武史のパソコン内から、武史を操ってコンピューター・ワールドを支配することで現実世界を征服する作戦を始動させた。
そんな中、直人たちの「ジャンク」に、カーンデジファーを追って異次元からやって来た実体を持たないエネルギー状の生命体・ハイパーエージェントが出現する。ハイパーエージェントは一平がCGで作ったヒーロー・グリッドマンの姿と名前をもらい、直人と合体。コンピューター世界でカーンデジファーの放つ怪獣達との戦いに挑む。

<出演>
翔 直人/小尾昌也、井上ゆか/服部ジュン、馬場一平/須藤丈士、藤堂武史/菅原 剛 ほか
<声の出演>
グリッドマン/緑川 光、魔王カーンデジファー/佐藤正治、ジャンク/嶋方淳子 ほか
ナレーター/真地勇志

電光超人グリッドマン

(C)円谷プロ

関連情報

http://m-78.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。