人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.29

フェラーリがV8ターボエンジンを搭載し、最高速度320km/h以上を誇る新型コンバーチブル『Portofino』を発表

フェラーリから600cvという高い出力を発揮し、0-100km/h加速わずか3.5秒を誇る新型コンバーチブル、『ポルトフィーノ(Portofino)』が発表された。Ferrari Portofinoは9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドデビューする予定だ。

フェラーリが、これまでにないほど多彩な用途性能を備えたこのドロップトップカーに選んだネーミングは、イタリアの最も美しい街のひとつに由来する。絵のような美しい港として有名なポルトフィーノは、世界各国の方々から優雅さ、軽快さ、そして抑制のとれた華やかさの代名詞として知られている。今回、この新型フェラーリが纏う発表会仕様のカラーもまた、その素晴らしい街に敬意を表して、Rosso Portofino とネーミングされた。

Portofinoの完全新型シャシーは、California Tから大幅な軽量化を実現。幅広い最新鋭製造技術を導入してボディシェルの全コンポーネントを再設計した結果、そんな軽量化の達成だけではなく、ねじれ剛性も強化された。

2016年と2017年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに選出されたエンジン・ファミリーとして有名なフェラーリV8ターボは、新コンポーネントの採用とエンジン制御ソフトウェアの見直しによってCalifornia Tのパワーユニットよりも出力を40cv向上。フェラーリならではのV8エグーゾスト・サウンドもまた、オープントップでの走行時に堪能いただけるよう、さらなるチューニングが施されている。

新型ピストンとコンロッドの導入をはじめ、インテークシステムの設計を見直した結果、8気筒エンジンの効率は全面的に改善された。エグゾーストシステム全体のジオメトリーも飛躍的な進歩を遂げている。特に新設計の一体成型鋳造エグゾースト・ヘッダーは、ロスを低減し、フェラーリの特徴であるゼロ・ターボ・ラグの達成に大きく貢献。こうした改良と、選択したギアによって伝達トルクを調整するバリアブル・ブースト・マネジメントとの組み合わせによって、Ferrari Portofinoは、先代モデルを上回る全ギアにおける加速性能と優れた燃費性能を実現させた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ