人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ASUSがベゼル幅7mmの超狭縁設計でOffice 365を搭載した一体型デスクトップPCを発売

2017.08.30

ASUS JAPANは奥行きわずか16.5cmのボディーに、液晶のベゼル幅約7mmの超狭縁設計を採用した23.8型液晶一体型PC『Vivo AiO V241ICUK』 (型番:V241ICUK-I5HAB)」を発表。ビジネス統合アプリ「Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」も標準搭載して、8月26日より販売を開始する。価格はオープン価格。実勢価格は12万9800円。

その主な特徴としては、まずコントラスト比 1000:1に1677万色の表示色、178度の広視野角液晶とフルHD(1920×
1080ドット)の高解像度パネルを採用。お気に入りの映画や動画サービスも格段の美しさで堪能できるほか、ノングレアのため映り込みが少なく、ブルーライト軽減機能搭載で長時間の視聴や作業でも、目の疲れを大幅に軽減する。

そして液晶上部と左右のベゼル幅はたったの7mm、本体に対する液晶比率は87.7%とまるでフレームレスのようなデザインの超狭額ベゼルにより、前項で紹介した迫力ある大画面に没入することができる。

パワフルかつ臨場感のある、3Wのステレオスピーカーを2基搭載し、191ccと大容量のチャンバーにより、低音にも高音にも迫力のあるサウンドを実現。直感的に使えるASUS独自アプリ「AudioWizard」では、Music、Movie、Gaming、Speech、Recordingと5つのサウンドモードに最適化された設定を手軽に選択できるほか、細かく音質を調整できる「Advanced」モードを備え、いつでも好みの音質を瞬時に再現していく。

本年のCOMPUTEXにて、イノベーティブなデザインのプロダクトを表彰するアワードである「d&i awards 2017」を獲得したこのモデルは、直線と曲線を絶妙に融合した美しい造形で、どんな部屋にも違和感なくなじむ。これまでの23型液晶搭載モデルに比べ、液晶はワンサイズアップしたにも関わらず、本体サイズは幅、奥行き、高さ共にスリムとなり、よりスマートに場所を選ばず設置が可能となっている。

標準付属のマウスとキーボードには、配線の煩わしさが無いワイヤレスタイプを採用。接続は同梱のUSBドングルを本体へ差し込むだけと簡単手軽で、ケーブルがないためすっきりとした見た目で、シンプルに利用できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。