人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.26

混雑を避けてスムーズに入国手続きできる到着便とは?

近年、訪日外国人観光客数は増加を続け、7月には過去最多の268万2000人を記録。そこで、飛行機での長旅後に空港で比較的スムーズに入国手続きや帰路へ着けるよう、DeNAトラベルでは羽田空港と成田空港の8月の到着便時刻表を元に、避けるべき各空港の時間帯について独自調査を行なった。

※1週間の平均です。
※当日の天候や航空会社のスケジュール変更等により到着時間は前後する可能性があります。


◎羽田空港
羽田空港では21時台の到着便が約10便と、最も多くの飛行機が空港へ到着する時間帯になった。羽田空港は続いて22時台が到着便が多い時間帯となっており、比較的夜間に到着する便が多いことがわかる。逆に7時台から11時台の午前中は到着便数が少ないため、入国審査やその後の空港からの移動などスムーズに進めることが予想できる。
→到着便数が少ない時間帯(7・8・9時台)に空港へ到着する渡航先:ロンドン、ジャカルタ、シンガポールなど。

◎成田空港第1ターミナル
成田空港第1ターミナルでは15時台の到着便が圧倒的に多く、特にアメリカ線の飛行機がこの時間帯に多く到着することが判明。アメリカ線に続き、中国線・香港線もこの時間帯の到着便が多い時間となっている。また、13時台・14時台も比較的到着便数が多いため、入国審査の手続きがかなり込み合う時間帯といえる。
→到着便数が少ない時間帯(9・21時台)に空港へ到着する渡航先:成都、ソウル、パリなど。

◎成田空港第2ターミナル
 成田空港第2ターミナルは、16時台の到着便が多くなっており、14時台・15時台も次いで到着便が多くなっています。第1ターミナル同様、アメリカ線が多く到着し、その他にもタイやインドネシア・香港などアジアからの便が多く到着しています。
→到着便数が少ない時間帯(6・9・11時台)に空港へ到着する渡航先:マドリード、釜山、香港など

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。