人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.28

レトロなお菓子に失敗作はなし!「ミレービスケット」の科学では証明できないうまさの秘密

デパ地下で買ったケーキを買えば、帰宅後に速攻食べるような人間ではある。しかし、「ミレービスケット」は僕ドラフトの下位商品。すぐに手をつけることはなく。

3日後の夜、傑作小説「罪の声」を読んでいると腹が鳴った。本に夢中になりすぎて、何も食べていなかったことに気がつく。

「何かないかな」と発掘したのが「ミレービスケット」。1枚が500円サイズの大きさなので、つまむにはピッタリと云えよう。

再度「罪の声」に取り掛かる。1ページめくるごとに1枚食べるを繰り返す。当初は本90%ミレー10%であった意識。枚数を重ねていくごとに、本80%ミレー20%と変化していく。ミレーが50%を超えた時、僕は本を閉じた。

誰もいない部屋で「コレ、めちゃくちゃ美味くないか・・・」と一人つぶやく。適度な硬さ、ほんのりとした甘みと塩味、そして香ばしさ。奇跡のバランスと云っても過言ではない。

以後、意識は全てミレーに持ってかれ、夢中で食す。「やめられない、とまらない」なんてね「もうダメ」と思っても制御不能。ついつい手が伸びてしまう。一袋は一瞬でカラとなる。

ミレーの美味しさの秘密を知りたくて「ミレービスケット」をつくる野村煎豆加工店に電話。

広報担当の方に「なんでこんなに美味しんですか?」と単刀直入に聞いてみた。

「当社は豆菓子の加工も同じ鍋で使用します。だから、ミレービスケットを揚げる際に、油に溶け出した豆の旨味や風味が加わり、独特の味が生まれているのではないでしょうか。科学的な根拠は分からないですが(笑)」と意外な答え。

ことほど左様にミレーとは奇跡のビスケット。

近年の売り上げについて伺うと「ここ数年、販売数量が20%〜30%と上がってます」とのこと。メディアに取り上げられる機会も増えたそうで、爆発的な人気を誇る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。