人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バランスディスクを使った筋力トレーニングきほんのき

2017.08.26

■連載/メンズビューティー通信バランスディスクを使った筋力トレーニングきほんのき

1faa660d44d5a3f2e0d5c45051a9ece0_s

細マッチョ、太マッチョ、魅せるマッチョに黒マッチョ。筋トレ隆盛の昨今だが、筋肉は太く強く鍛え上げるだけでは、実は未完成なのだ。筋肉は、その力を状況に応じてコントロールできなければ無用の長物になってしまう。真のパーフェクトボディの完成を目指すのであれば、刻々と変わりゆく状況を感じ取れる「感覚」を研ぎ澄ますトレーニングを、並行しておこなうことが必須となる。今回は、バランスディスクを使って、感覚を最上のものにビルドアップする方法を紹介しよう。

筋肉は、太く強くするだけでは、意味がない。

最近、若いビジネスマンの多くは、慢性的な運動不足に陥っているという。運動不足が続くと、手足の筋力が目に見えて減ってくるが、同時に姿勢を安定させる深部体幹筋の筋力、そして「運動の感覚」も低下するのだ。その結果、学生時代に楽しんでいたスポーツの、当たり前のような動きが十分にできなくなったり、電車の中でのふらつきが大きかったり、躓いたり、ついには身体を物にぶつけるようになってしまう。

少しでも心当たりがある方は要注意だ!だが、心配ご無用、「運動の感覚」は鍛え直すことができる。

「感覚」を伴った「使える」筋肉へ

深部筋を鍛えるためのコアエクササイズは、種々紹介されているが、大切なのは、筋力強化と同時に、”感覚の強化”をおこなうことだ。そうでなくては、本当の意味で”使える筋肉”は、完成しない。そこで効果的なのがバランスディスクを利用したトレーニングだ。バランスを崩される中で、いかに反応、対応できるかを要求されるエクササイズで、深部筋の筋力がアップし運動感覚が磨かれる。

バランスディスクを必ず一つは持っておこう。

バランスディスクは、安価なものならネットで1000円も出せば購入できる、お手軽なトレーニングツールだ。直径がおよそ30cmの、円盤型のポリ塩化ビニル樹脂製が一般的で、この上に乗ってエクササイズをおこなう。ディスクが硬すぎると揺れが少ないので、空気はユル目に入れておくのがポイントだ。準備運動として、身体の回旋や膝の屈伸そして足首を十分に回しておこう。

では、早速ディスクの上に乗ってみよう。

バランスディスクの上に実際に乗ってみると、その不安定感さからバランスを保とうと、筋肉や腱にある感覚器官、目、三半規管などを統合する脳がフル活動する。感覚に合わせて深部体幹筋が働き、微妙にバランスをとろうとする。こうした動作によって、錆かかった身体が活性化されてくるというわけだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。