人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初心者から上級者まで楽しめるドローン専用屋内飛行場『Acro+』に行ってみた!

2017.08.25

 都心から車で約1時間半。埼玉県さいたま市岩槻区に、日本国内では珍しい小型無人飛行機「ドローン」専用の屋内飛行場「Acro+」が登場した。倉庫を利用した敷地内には、初心者用の練習場、さらに、操作を熟知したベテランでも楽しめる約1万8000発ものLEDを設置した幻想的な雰囲気のレース場も備えている。

 東北自動車道・浦和インターから車で約10分、田畑と倉庫や工場の並ぶ土地に見えてくる「Acro+」と書かれた大きなフラッグが目印となる。埼玉高速鉄道・浦和美園駅からは無料送迎もあるのがうれしい。

初心者からプロまで楽しめるドローン専用屋内飛行場「Acro+」に行ってみた!

 運営者は、株式会社板橋商店。施設を案内してくれた取締役の板橋行雄さんによれば、会社で保有していた倉庫の新たな利用方法を考えている中で、ドローンに着目したとオープンまでの経緯を語ってくれた。きっかけは今年1月頃。「海外のドローンレースの動画を見て、日本でもこういった場所を作りたい」と思ったという。

初心者からプロまで楽しめるドローン専用屋内飛行場「Acro+」に行ってみた!

 じつは、日本に先行して海外ではドローンによるレースも盛んだ。Youtubeではカメラを搭載したドローンによる「FPV(1人称視点)」の映像が多数アップされ、さながら映画『スターウォーズ』のポッドレースのような臨場感が味わえると人気に。今年3月にドバイで行われた初の世界大会「ワールド・ドローン・グランプリ」では26か国から150以上ものチームが参加。賞金総額1億2000万円の栄光を勝ち取るべく、たくさんの国々からの競技者がしのぎを削った。

 日本では今年7月29〜31日にかけて、地方創生プロジェクトとしてドローンの「近未来実験実証特区」に選ばれた秋田県仙北市で、国内では初めての大規模な競技会「ドローンインパクトチャレンジアジアカップ」が開催された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。