人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.25

横浜市のエリア別マンション相場ランキング

神奈川県の県庁所在地であり、18の行政区を持つ政令都市でもある横浜市。その総人口は国内の市町村では最も多い375万人となっている。そんな横浜市には話題の観光スポットも多く、華やかな街のイメージを抱いている人も多いはず。

今回、日本最大級のマンション相場情報サイトを運営するマンションマーケットは、運営する住宅系ニュースサイト「マンションサプリ」にて、人気の街「横浜市」のエリアごとのマンション相場の調査を実施。駅徒歩10分圏内のマンションを対象に平均m2単価を算出し、ランキングにまとめた。

平均m2単価1位は「都築区」で52万3789円/m2。都筑区は農業が盛んなエリアだったが、現在は大型ショッピングモールが多く進出。かつての様相とは大きく異なっている。多くの人が集まるセンター北駅周辺のマンションは、都筑区の中でも比較的高額なマンションが多いようだ。

第3位の「横浜市中区」は、観光地としても有名な元町・中華街駅があるエリア。中区の駅周辺マンションのうち、「元町・中華街」を最寄駅とするマンションにはm2単価が高額なマンションも多く、都心部のマンションにも引けをとらない100万円/m2超えのマンションも見られた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ