人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.24

書店の中にカレー屋が!?“間借り”が将来の名店を育てる大阪カレー事情

以前から大阪でブームになっている間借りカレー。一から店を構えるのではなく、もとから営業している飲食店などを間借りして、店主が自家製カレーを販売している。徐々にファンを増やして、いずれは実店舗をオープンするという流れも珍しくない。いま、行きたい間借りカレーの店を紹介する。

■谷口カレー

谷口カレー 谷口カレー 谷口カレー
本&カレー。胃袋も知的好奇心も満たされる。

 オシャレな本屋を間借りして営業。オリジナルのスパイスカレーを平日毎日3種類用意している。肉や野菜でとるダシを加えた日本人の口にあう味で、食材づかいが独特。おすすめの「麻辣豚バラキーマカレー(税込900円)」は、麻婆豆腐のような山椒がきいた辛さと、豆腐や根菜、ひき肉などいろんな具材のハーモニーを楽しめる。

 食や旅、まんがなど、自由な品揃え、加えて食器などレトロ雑貨も取り扱っている本屋スペースも必見。雰囲気バツグンでデートにも使える店だ。

大阪市中央区平野町1-2-1 1F FOLK old book store内 06-7172-5980
11:30~売り切れ次第終了 土・日・祝休み
(※書店は13:00~19:00 13:00以降はドリンクを飲める。LO18:00 不定休)

■ナーガカリー

ナーガカリー ナーガカリー
「ナーガカリー」の看板メニュー「ナーガプレート」税込1000円。味もさることながら、ボリュームの多さもうれしい。

店主の趣味が反映されたユニークな店が多いJR天満駅の裏通り。この店もその一軒だ。インドカレーをアレンジした「邪道スパイスカレー」は、週替わりで魚系と肉系の両方が登場。ターメリック風味の玄米や豆のカレーなどと一緒に、ワンプレートに盛られて出てくる。「調味料はほとんど塩しか使わない」そうで、スパイスの香りや味がストレート。しかし、それほど辛くないので食べやすい。韓国料理店を間借りしている関係で、食材の仕入れにも強く、ゴロゴロと入った具材の大きさにも満足できるだろう。

魚と肉のカレーは好きなほうを選べるほか、追加料金なしで、「あいがけ」もOKだ。

大阪市北区天神橋4-12-9 イストワールド天四1F武福内 070-5452-0266
11:30~14:30 月2回不定休

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ