人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.24

もう食べた?西日本を中心に増殖する「スリランカカレー」

次に来るカレーはコレ!今夏、大ブレイク必至の“スリランカカレー”の正体とは?

夏といえば、やっぱりカレー。汗をダラダラ流しつつ、豪快にスプーンですくい、辛さを紛らわすためにお冷をグビッ! 一息ついたら、再び食らいつく。「うまい」とか「美味しい」なんていう感想は後回し。目の前のカレー皿に盛られた白飯とルーを平らげて初めて、「ふぅーーーー」とひと息ついてからようやく、そのうまさを噛みしめる……。そう、男にとってカレーは、食事というより格闘なのだ。

これまで我々が対戦してきたのは、定番のインドカレー、かなりエスニック感があるけど浸透したタイカレー、ちょっと高級感? がある欧風カレー、そして我が国で独自の進化を遂げたカレーライス。そんな強敵(とも)たちに、今夏、新たな仲間が華麗なる大ブームを起こして加わるという。その名は“スリランカカレー”。一体何者だ!

井上岳久さん
井上岳久さん。カレー研究の第一人者。カレー関連商品のプロデュースやコンサルティングだけでなく、町興しなどにも携わり。カレー文化の普及と発展を目指す。

話を聞いたのは、カレー総合研究所の井上さん。すると、下記の定義を示してくれた。

1:モルディブフィッシュというかつお節のような出汁を使う。
2:肉はビーフ、ポーク、チキンなど、使用食材は自由。
3:ゴラカやランペなど独自のスパイスを多用。カレー粉も使う。
4:油はココナッツオイルやサラダ油が中心。
5:さまざまな料理にココナッツ(ミルク、果実など)を使う。
6:粘性が少なく、サラサラしている。
7:スパイスを空煎り(乾煎り) するなど、独自の使い方をする・。
8:複数のカレーをワンプレートに盛りつけ、混ぜながら食べる。
9:基本はライスに合うカレー。

続いて、スリランカレーと、日本人となじみ深いインドカレーの違いを、こう分かりやすく解説してくれた。

ダンブッラの黄金寺院
スリランカは国民の7割が仏教徒。
写真は、世界遺産にも登録されるダンブッラの黄金寺院

「インドは、宗教上の理由から食材にさまざまな制約があります。最も信者の多いヒンドゥー教徒にとってビーフ、次に多いイスラム教徒はポークが禁忌なのは有名ですよね。しかし、インド半島の南西にあるスリランカは仏教国なので制約が少ないのです」。
 
ということは、日本で代表的なビーフカレーやポークカレーを食べる文化があるということ。それはうれしい!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ