人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

HPが火星生活のVR体験ができる国際共同プロジェクトを始動

2017.08.23

HP Inc. (以下「HP」)とNVIDIAは、Autodesk、Fusion、Launch Forth、Technicolor、Unreal Engine、VIVEと共同で、VR(Virtual Reality)を通じた火星における人類100万人の暮らしの模擬体験を行う国際的なプロジェクト「HP Mars Home Planet」を始動させた。世界中のクリエイティブの専門家によるこの共創プロジェクトでは、建物、車、農場、衣服など、火星の気候や大気に適応しながら暮らしをどのように維持できるかを探るものだ。

「HP Mars Home Planet」プロジェクトは、Fusionとアメリカ航空宇宙局(NASA)によって開発されたVR体験「Mars 2030」を発展させたもの。今後、HPおよびそのパートナー企業は、エンジニア、設計者、デザイナー、アーティスト、学生と協力し、VRを通じて火星における人類の未来の想像、設計、体験を行なっていくという。

今回のローンチについてHPのワークステーション製品管理担当バイスプレジデントであるジョシュ・ピーターソン(Josh Peterson)氏は次のように述べている。
「2016年には、NVIDIA Quadroを搭載したHP ZBook Workstationが国際宇宙ステーションに送り届けられました。HPは次に火星を目指しています。HPとパートナー企業は、エンジニア、設計者、デザイナー、学生の創造力を支援しながら、将来火星での暮らしで直面するであろう現実的な課題を予測し解決していきます」

このプロジェクトは、火星で家庭やコミュニティができる未来、2030年以降を見据えている。プロジェクトの目的は、創造的な発想を持つ人々に参加してもらい、火星に都市をつくる上での課題を解決してもらうこと。最終的には、地球上の人々が火星での生活をVRで体験できるようになるという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。