人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

未婚のこじらせ男子に聞く理想の結婚と現実

2017.08.23

■結婚するなら「妥協はしたくない」(61.5%)のに、「自分に自信が持てない」(58.5%)

Q.あなたの結婚観について、教えてください

本調査では、“こじらせ男子”候補の結婚観についても調査している。理想の相手にこだわる傾向はここでも強く表れ、「結婚に妥協はしたくない/理想の相手と結婚したい」という考え方に関して、「当てはまる」という回答が6割を超えた。ただし、その一方で「恋愛や結婚をしたいが自分に自信が持てない」に「当てはまる」との回答も58.5%と6割近くに。理想の相手を求めたいものの、自分自身の力では恋愛を成就させる自信がない“こじらせ男子”候補が多いようだ。

6

■結婚は「いつか」でいい(53.0%)と思いつつも、未婚の自分に焦り(51.8%)を感じてしまう

これ以外にもさまざまな角度から“こじらせ男子”候補の結婚観を調べてみたところ、他にも周囲の人たちに「じれったい」「面倒くさい」と感じさせてしまいそうなデータが見つかった。『結婚はしたいが「いつか」できればいいと考えている』に53.0%が「当てはまる」と答えたのに対して、「恋愛または結婚していないことに焦りを感じることがある」にも51.8%が「当てはまる」と回答した。

7

このような調査結果から、結婚「したい」が交際も婚活も「していない」状況の“こじらせ男子”候補は、理想の相手との出会いにこだわるものの自分で恋愛・結婚を上手く進める自信がなく、「いつか」は結婚したいのに特に行動はしておらず焦りを感じている様子が浮かび上がった。このまま何もせず、ただ出会いを待っているだけでは、理想の相手と巡り会える可能性は低いままだろう。そこに気付く人が増えてきたのか、婚活に取り組む未婚の男女は年々増加傾向にある。「いつか」とのんびり構えずに、今すぐ婚活を始めること。本当に結婚「したい」のなら、そんな姿勢が必要なのではないだろうか。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:38~42歳の未婚男性1677名
集計期間:2016年6月21日~6月24日
調査対象:「結婚したい」と回答し、現在は「交際中の相手はいない」状況で、さらに「婚活をしていない」と回答した38~42歳の未婚男性270名
集計期間:2016年6月24日~6月25日

文/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。