人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.23

アストンマーティンがCoupeとVolanteにSpeedsterとShooting Brakeを追加

アストンマーティンから『Vanquish Zagato Volante』の世界デビューに続き、『Vanquish Zagato Speedster』および『Vanquish Zagato Shooting Brake』の生産が開始されることが発表された。4つのデザインは、アストンマーティンとZagatoの緊密でクリエイティブなコラボレーションの成果といえる。

4種類のモデルから構成されるVanquish Zagato「ファミリー」の総生産台数は325台限定となる。最初に発表された『Vanquish Zagato Coupe』の生産は、2016年末に開始され、その後、『Vanquish Zagato Volante』が生産された。Coupeと同じく99台の限定生産とされ(すべて売約済み)、生産および納車は2018年に完了する予定だ。

これに続くのが、今回の2種類のバリエーションで、わずか28台しか生産されない『Vanquish Zagato Speedster』で、より希少なモデルとなる。過去のアストンマーティンも含め、きわめて貴重なコレクターズ・アイテムとなる『Vanquish Zagato Speedster』は、すべて売約済みとなっており、2018年内の納車が予定されている。そしてカルテットを締めくくる存在として、『Vanquish Zagato Shooting Brake』もまた2018年に生産が開始される。予定生産数は、CoupeおよびVolanteと同じ99台だ。

『Vanquish S』をベースとするこれら4種類のZagatoモデルは、600PSを発生する自然吸気V12エンジンに、スムーズでなめらかなシフトを実現するTouchtronic IIIトランスミッションを組み合わせている。Vanquish Zagatoファミリーは、各モデルの特性に合わせてファインチューニングされたアダプティブ・ダンピングによって、デザインと同様に、刺激的かつ印象的なドライビング・プレジャーを提供していく。

Vanquish Zagato Speedster

Vanquish Zagatoファミリーにおける2つの究極形が、SpeedsterとShooting Brakeだ。Speedsterは、オープントップの超高性能スポーツカーならではのエキサイトメントを表現し、一切の妥協を排したルーフレス・デザインを特徴としている。Speedsterのデザインにおけるハイライトは、シートの延長上に設置され、流線形のカウルを構成するスピードハンプと呼ばれるデザインとなる。これは、Zagatoの象徴となっている「ダブル・バブル」ルーフを表現したもので、ボディパネルは(他のVanquish Zagatoファミリーと同じく)すべてカーボンファイバー製となっている。アストンマーティンVulcanからヒントを得た「ブレード」テールライト、フロントグリルとリヤのベントメッシュに採用される3Dの「Z」モチーフなどは、まったく異なる個性豊かな4タイプのVanquish Zagatoに共通するスタイル面の特徴となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。