人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.23

60代は敬老の対象外!?シニア層は「70〜74歳が妥当」が最多

総務省統計局の平成29年7月20日公表データによれば、日本の65歳以上の、いわゆる高齢者人口は3502万人で、全体に占める割合は27.6%だった。ちなみに15歳未満は1567万人で、人口比率は12.4%となっている。


国民の祝日の一つである「敬老の日」。長く社会に尽くしてきた世代を敬愛し、その長寿を祝うことを趣旨として定められた日だ。この日は60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿などと共に、長寿祝いのプレゼントを贈る人も多いのでは。そこでマクロミルでは、「敬老の日」の実情を探るため独自調査を実施。そのっ結果を公開した。

まず敬老の日を祝ってもらう立場だと思われる60~70代(以下、シニア層)と、祝う立場であると思われる20~30代(以下、若者層)の双方に、敬老の日を祝う妥当な年齢について聞いた。その結果、若者層の回答で最も多かったのは「60~64歳」(22%)、シニア層では「70~74歳」(32%)に。「敬老の日のお祝い対象年齢」は、若者層とシニア層でおよそ10歳の差が出た。

「敬老の日」を祝う(祝われる)のに妥当だと思う年齢<シニア層、若者層別>

シニア層に、今年の敬老の日に孫や子どもたちからしてほしいと思うことを聞くと、「特に何もしてもらわなくていい」(70%)が最も多く、「食事会をしたい」(14%)、「一緒に過ごしたい」(12%)と続く。
「特に何もしてもらわなくていい」という回答が7割にものぼったのは、先ほどの“祝われる妥当な年齢”の結果から推測するに「まだその年齢ではない!」と思っているシニアが多いという理由からかもしれない。また、欲しいモノとしては、物、商品券・現金、旅行のプレゼントはいずれも低く、5%にも満たない結果に。物よりも、会いたい、言葉がほしい、という人が多いようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。