人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.21

勤労者の生活意識調査でわかった日本人の“不安”の正体

全労済グループのシンクタンク事業を担う全労済協会では、2016年秋に調査実施した「勤労者の生活意識と協同組合に関する調査」について報告書を作成。その主な結果をトピックスにして発表した。「勤労者の生活意識と協同組合に関する調査」は、全労済協会がシンクタンク事業として、2007年より定期的に実施している。

まず「勤労者の生活意識」については、世の中の景気は緩やかな回復基調にあると言われるものの、将来に備えることなどを聞いた「暮らしに対する考え方」などを見ても「まああてはまる」と「あまりあてはまらない」といった中庸な回答が多数を占めており、暮らし向きの改善に関する明確な実感が乏しいことがわかる。

「困りごとへの対処の仕方」では、自助型64.3%、共助型37.7%、公助型30.3%という結果(図表5)で、自助が最も多く、その理由としては「自己責任」よりも、他人に頼ることができないという「他者への配慮」が多数を占めた(図表6)。

勤労者の生活意識と協同組合に関する調査

勤労者の生活意識と協同組合に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ