みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >御朱印帳メーカーに聞く一大ブームの…

御朱印帳メーカーに聞く一大ブームの舞台裏(2017.08.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

御朱印帳というものが、若年層に浸透している。日本の寺社仏閣を参拝した際にもらえる印章を「朱印」というが、参拝客にとっては一生に残る記念である。また、全国の寺や神社を回ることは壮大なアドベンチャーでもある。日本という国は、世界地図で見る以上に広い。そして御朱印帳の浸透は、日本古来の宗教文化や伝統工芸が見直されてきたという証明でもあろう。■地域を越えた販路拡大今回取材したのは、香川県綾歌郡宇多津町に本社を置く株式会社マツオカ。小松印刷グループの企業であるが、最近では霊場巡礼用品を手がける一大メーカーとしてその知名度を高めている。御朱印帳とは言い換えれば「宗教グッズ」であり、一般的な製品とはまた違う...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。