人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.19

ビアガーデンに女子を誘う時に重要な3つのキーワード

今年の夏、ビアガーデンに行った方はどれくらいいるだろうか。最近では女性の利用客も増えているというが、実際のところ、どうなのか。The Priceline Groupの一員であるオンラインレストラン予約サイトのオープンテーブルが昨年、ビアガーデン利用に関する実態を探るべく全国の20歳~49歳までのビアガーデン好きな「ビアガーデン女子」合計312名に、「ビアガーデンに関する意識実態調査」を実施したところ、ビアガーデンに出かける女子は、ビールを求めてビアガーデンに行くのではなく、「料理」や「ビール以外のドリンク」を重視していることがわかった。

mirdgardhaus-845306_960_720

■ビアガーデンに行く回数は「1回」が減少傾向、「3回」派が増加傾向にアリ!20代前半は「3回」が約3割

「昨年」ビアガーデンに行った最も多い回数は、「1回」(50.6%)。「今年」ビアガーデンに行きたい回数は、昨年同様、「1回」が最も多い回答(42.3%)となった。今年の回数を昨年と比較すると、「1回」は今年も1位ではあるものの、昨年に比べ8.3ポイント減少している。逆に「3回」は10.0ポイント増加し、約5人に1人(19.9%)が、今年はビアガーデンに「3回」行きたいと考えていることがわかった。特に20代前半は「3回」派が他の年齢層に比べて多く、今年の「1回」が44.2%から38.5%に5.8ポイント減少したのに対して、「3回」が15.4%から28.8%に13.5ポイント増加した。

ひと昔前までは枝豆をつまみながらサラリーマンがビールを楽しむビアガーデンばかりだったが、昨年は飲み物やメニューの充実、店舗の雰囲気づくりなど、様々なアイディアで女性たちを取り込むビアガーデンが登場し始めており、これらの効果が徐々に現れてきたのではないかと考えられる。ビアガーデン好きの女性たち、特に若い年齢層のビアガーデン通いが今年は期待できそうである。

ビアガーデンに関する意識実態調査

ビアガーデンに関する意識実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ