人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

建物価格が1億円以上の富裕層向け「社長の邸宅プロジェクト」の気になる中身

2017.08.19

【AJの読み】社長以外の一般の人でも家づくりの参考になりそう

 土地探しからアフターメンテナンスまで最上級の提案をしていくというのが今回のプロジェクトで、建物費用だけでも1億円以上と「庶民には程遠い話だな」思ってしまうが、実は一般の人が家づくりを始める際のヒントが詰まっている。

 ここ数年、若い世代が中古住宅を購入してリノベーションするケースが増えてきているが、会見でも出てきたように、どのような住まいにするのか、だれに依頼するのかという最初の情報収集から高いハードルがあるのが現実。実際にハウズが世界中のユーザーに行った調査では、リフォーム、リノベーション、インテリア替えは、他国と比べると日本は圧倒的に少なく、日本人は住まいに対する意識が低いという結果になった。自分たちがどういう住まいに住めばいいかわからない、情報源があまりないなどの課題があるのではないかとハウズでは見ている。

 今回の試みのような、建物と空間の専門家が連携して一体化する家づくりは海外では一般的だが、まだ日本の住宅では実現できていないとフリーダムの長澤氏は話す。VRアーキテクツシステムも今後、技術発展やノウハウが蓄積されることで、フリーダムの一般の注文住宅にも使用される可能性もある。ハウズの活用やVRシステムの登場など、注文住宅を考えている人にとって参考になるのではないか。

文/阿部 純子

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。