人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.18

関西初上陸!仮想現実空間を動き回る迫力満点の最新VRアトラクション『ZERO LATENCY VR』体験レポ

■国内で遊べるのは東京と大阪だけ

2017年8月4日、あべのキューズモールにVRアトラクション施設「SEGA VR AREA ABENO(セガ ブイ アール エリア アベノ)」がオープンした。

目玉は関西初上陸、オーストラリアのゼロ・レイテンシー社が開発した最新VRアトラクション「ZERO LATENCY VR(ゼロ レイテンシー ブイ アール)」だ。一足先に導入した「東京ジョイポリス」では、開業以来大人気。仮想現実空間を自由に動き回る世界発のフリーロームアトラクションで、6人まで同時にプレイ可能だ。


ここはどこ!? ヘッドマウントディスプレイを利用した最新VR技術がスゴイ!(C)SEGA


参加者が自由に動ける「フリーローム」が新鮮だ。(C)SEGA

 参加者はまず、隊長役を務めるスタッフから、ゲームのルールについて説明を受けた後、ヘッドマウントディスプレイとヘッドホンを装着し、バックパックPCを背負って、仮想現実空間に足を踏み入れる。

 中は225m2の広大で色鮮やかな異世界。設定された舞台で、全身を使って動き回り、ゲームの世界に没入していく。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ