人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.18

AIに投資するスタートアップの支援プログラム「AI.Accelerator」登場

 近頃、「AI(artificial intelligence=人工知能)」という言葉にほぼ毎日触れることだろう。AIに関するニュースが増えている。たとえば、AIが将棋・囲碁でプロに勝利したり、AIが自動運転を実現したり、AIスピーカーや女子高生AI「りんな」、など、あらゆる分野でAIが使われ始めている。

 そんな中、AIのスタートアップ企業を支援するという、耳慣れないニュースをキャッチした。「気になるけれどイメージが沸きにくい」……筆者も含め、そう感じる読者も多いのではと思い、実施する企業に直接取材してみることにした。

「AIに取り組む日本の企業は北米に比べて少なく、立ち遅れている」と「ディップ」はいう。ディップは、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、人材派遣求人情報サイト「はたらこねっと」などを運営する企業で、2016年6月からAI専門メディア「AINOW」を運営してきた。これらの活動で、国内AI企業の創業数がまだまだ足りないと感じたという。


ディップが運営するAI専門メディア「AINOW」

 そこでディップは、2017年4月から、AIを使ったサービスに取り組むスタートアップ企業を対象とした、新規事業創出を目指す日本初のアクセラレータープログラム「AI.Accelerator」を開始した。AIに特化したアクセラレータープログラムは世界的にも珍しく、香港に同様のコンセプトで「ZerothAI」というプログラムがあるが、その程度だという。


AI関連事業を企画する企業の支援プログラム「AI.Accelerator」。エントリーもここから行う。

 AI.Acceleratorでは、社会意義の高いAI関連事業や優秀な人材に対し、創業前後から投資を行い、世界レベルで活躍できるAIベンチャーの輩出を図るというもの。プログラムはAIを利用したサービスを開発するベンチャー企業やスタートアップ企業を対象にしており、公募による選考を通過し、採択された企業・個人には、メンタリング、データ提供、事業資金、PR、採用支援など、さまざまなリソースを提供するという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ