人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.15

「働くなら大手企業」就活生の2割が回答、うち第二新卒は3割

マイナビが発表した「2018年卒大学生就職内定率調査」によれば、2017年6月末時点の内々定率は73.3%と、前月(5月末)よりも20.0pt増加。特に理系男子では、80.4%と非常に高い結果となっている。また、内々定保有学生一人あたりの平均内々定保有社数は2.1社(前年比0.1社増)と、前月の1.8社から0.3社増加した。

立教大学経営学部の春学期科目「eビジネス&マーケティング」を受講した学生と、総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、そんな「就職」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施。その回答と分析結果を公開した。

現在、就職活動をしている学生と第二新卒に対し、就職活動をしている理由、していた理由を聞いた。その結果、どちらも「生活するために必要だから」が第1位に。次いで「定職に就きたいから」48.3%、「社会的に当たり前のことだから」34.0%となっている。就活生と第二新卒を比較すると、就活生は「生活するために必要だから」、「定職に就きたいから」と回答した人が多く、第二新卒は「他人より条件の良い就職先に行きたいから」と回答した人が多い結果となった。

第一志望に求める条件を聞いたところ、全体では「業務内容」が30.0%で最も多い結果となった。しかし、転職を検討している第二新卒は「給与」を第一志望にしていた方が多いようだ。また、「上場企業であるかどうか」も多く回答している。

インターンシップに参加したかを聞いたところ、半数以上が「参加したことはない」と回答。第二新卒でも、転職を検討している第二新卒は6割以上がインターンシップを経験しているのに対し、転職を検討していない第二新卒のインターンシップ経験は25.0%にとどまっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ