人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.17

介護職に就く人が受ける暴力・暴言の実態

介護職に携わる人たちが仕事中に受ける暴力や暴言が問題となっているが、その実態はどうなのか。人材紹介サービス「介護のお仕事」を展開するウェルクスが昨年、同研究所の読者、介護系のSNS(Facebook、Twitter)の読者を対象に、「介護職が受ける暴言・暴力」に関する実態調査を実施したところ、以下のような実態か浮き彫りになった。

「介護職が受ける暴言・暴力」に関する実態調査

■介護サービスの利用者から暴言・暴力を受けた経験の有無

利用者から暴力・暴言を「受けたことがある」と回答したのは98%、「受けたことがない」と回答したのは2%となった。

「介護職が受ける暴言・暴力」に関する実態調査

「受けたことがある」と回答した人に対して、どんな暴言・暴力を受けたかについて質問したところ、以下のような回答があった(一部抜粋)。

「利用者に噛まれた」(20代・女性)
「腕を噛まれてあざが出来た。つねられる・引っ掻かれるのはしょっちゅうです」(30代・女性)
「認知症の方から暴言や叩かれたり、引っ掻かれたりと常にされてます」(40代・女性)
「介助中、手がはなせいときに、噛みつかれた。声をかけた瞬間、殴られた。居室に入った途端、壁に押し付けられ、胸を触られたり、下着を外されそうになった。また、それを外から先輩職員が笑いながら見ていた」(30代・女性)
「暴力と言われれば暴力だが、認知症の周辺症状だから暴力と言うより職員の対応の悪さから暴力になったケースがほとんど」(40代・男性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ