人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.14

こんなのが欲しかった!プロテカがモバイル機器の充電ができるスーツケース『マックスパス スマート』を発売

エースは日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」より、IoT を導入したことで、格段に使い勝手を向上させた日本初の次世代型国産スマートラゲージ『マックスパス スマート』を9月15 日より発売する。また9月15日からの一般発売に先がけ、事前の先行販売も決定。ソフトバンクが運営する「DoT.」サイト内にて予約販売の受付のほか、9月1日からはプロテカ日比谷店とエースオンラインストアでの先行販売も行なう。価格は6万6000円(税別)。

ベースとなるラゲージのプロテカ『マックスパス』シリーズは、2011年9月の販売開始より、シリーズ累計6 万5000本以上販売するプロテカでも高い人気を誇る、機内持込最大容量モデルだ。その本体にスマートフォンなら約2回分のフル充電可能な5000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載。空港の充電コーナーの電源がどこも使われていて、充電したい時に必ずしも電源を確保できるとは限らない。そんな不安を解消してくれる。
バッテリーは取り外しができる構造なので、空港での手荷物検査時の準備もスムーズ。またフリーの出力ケーブル(USBポート)も1本付属しており、利便性の高い設計となっている。
※IATA(国際航空運輸協会)が定める機内持込規定に従い、スーツケースを預け入れる場合は必ずバッテリーを取り外し、手荷物検査を通したうえで機内への持込むこと。

別途充電ケーブルを用意せずとも充電可能な、最長約100cmまで伸びるコードリールを内蔵。充電中はLED表示灯が点灯されるほか、防水キャップでカバーされているので、雨の日も安心な構造だ。
※出力ケーブルはmicroUSBにつき、使用する端末によってはLightning変換アダプターが必要。

ラゲージとスマートフォンが連動し、不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができる、クラウドGPSトラッカ―の『 TrackR 』を搭載した。Bluetoothでペアリングさせることにより、ラゲージとスマートフォンが連動。それにより不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができる。その機能は次のとおり。
(1)セパレ―ションアラート機能
セパレ―ションアラート機能により、Bluetooth を利用したうえで、ラゲージとスマートフォンが一定の距離より離れると、双方からアラートが鳴るので、不意に起こる紛失や置き忘れを未然に防ぐ。


(2)Crowd Locateで検索
Bluetooth 通信範囲外に置き忘れた場合でも、Crowd Locate を利用し、何万人にも及ぶ他のTrackR ユーザーを通して、なくしたラゲージの最新のロケーションを確認することができる。
(3)アイテムリンガー
スマートフォンから簡単にスーツケースのアラートを鳴らすことができるので、瞬時に居場所がわかる。

主な機能は動画で再度チェック

サイズは高さ510×幅390×奥行き250mm、3.5kg。1サイズ展開。容量は39L、カラーはブラック、シルバー、ホワイト。

関連情報

http://www.proteca.jp/


文・編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。