人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.14

東芝が野菜、肉、魚の鮮度保持性能がアップした新型冷蔵庫『ベジータ』を発売

東芝ライフスタイルは、冷蔵庫の中央に使用頻度の高い野菜室をレイアウトした6ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」の新商品として、野菜室・チルドルームの鮮度保持性能を向上させた「GR-M600FWX」シリーズを9月中旬から順次発売を開始する。価格はオープン価格。

まず同社独自のツイン冷却により、野菜室に高湿度の冷気を1日20回以上送ることで、野菜の保存に最適な約95%以上の高湿度環境をキープする。新製品では、さらに「ミストチャージユニット」を採用。登山用ウェアなど高機能衣料と同じ働きをする「多孔質フィルムシート」をユニットに搭載しており、乾燥の一因となる冷気が野菜に直接当たることを防いで、野菜を潤す水蒸気だけを通すことで野菜室の保存環境を向上させる。その一方で、湿度過多の環境下では「ミストチャージユニット」の働きにより野菜室の外へ水蒸気を放出。結露による野菜の水腐れを防ぐ。

野菜の老化を促すエチレンガスを光触媒「ルネキャット」が分解して除去。気になる変色やしおれを防ぎ、鮮度とおいしさが長持ちする。さらに庫内の冷気を除菌・脱臭して庫内を清潔に保つ。

冷蔵室に次いで使用頻度が高い野菜室を冷蔵庫の“まんなか”に配置。取り出しやすい位置にあるため、かがむことなく、重たい野菜も容易に出し入れができる。

また、新製品は、使いやすさに加えてケースの底面に新たに設けた「お掃除口」の採用により、お手入れもより簡単になった。よく汚れる野菜室を掃除する際、野菜室の大きなケースを外すことなく、野菜くずや泥を「お掃除口」から捨てられる。野菜室がまんなかにあるため、引き出した野菜室の下にゴミ箱を用意すれば手を汚すこともない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。