みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >ついにファイナルを迎えた暗闇体験イ…

ついにファイナルを迎えた暗闇体験イベント『ダイアログ・イン・ザ・ダーク/ファイナルver.』に潜入(2017.08.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

2009年から8年に渡り、渋谷区神宮前で開催されてきた『ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下、DID)』の常設会場がこの8月でファイナルを迎えることになった。今回、このDIDのファイナル ver. の先行体験を受ける機会を頂いたので、体験内容の振り返りと合わせて改めてDIDの魅力を紹介していこうと思う。

■DIDとは何か?

DIDを正しく言葉で表現するのはひどく難しい。だが、あえて一言で表現するなら「暗闇の中で行うグループワーク」ということになるだろう。参加者はグループを組んで明かりのない会場に入り、そこで暗闇のエキスパートというべき視覚障がい者のアテンドを受けながら様々な体験をする。完全に光を失った空間での体験は、日常生活とは全く異なる感覚と発見を参加者にもたらしてくれる。

DIDのオリジナルは1988年にドイツで生まれたものであるが、約10年後の1999年に本邦初開催後、渋谷区外苑前の常設会場、グランフロント大阪内「スムフムラボ」での定期開催(「対話のある家」)を中心に活動を展開しており、近年では社員研修としてビジネスパーソン向けのサービスも提供している。

 

1 2 3 4 5 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。