人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.12

小山薫堂さんが提唱する日本の伝統文化「湯道」とは?

放送作家・脚本家の小山薫堂さんが今、力を注いで唱えている日本の文化がある。それは、古くから日本人の習慣として定着している風呂、入浴の道「湯道」だ。果たして「湯道」とは、どんな文化なのだろうか? 小山さんに話を聞いた。

−−まずは「湯道」を立ち上げようと思われたきっかけを教えてください

「最初、茶道の素晴らしさに触れた時に、すごいなって思ったんです。お茶を飲む日常の行為が文化芸術の域まで高められ、それによって色んな人に色んな気づきを与えたり、伝統工芸の職人さんも技を磨いたりと。茶道のように日常の行為が文化芸術に昇華しうるもの、ほかに何かないだろうか?って考えた時に、お風呂だと思いました」

「いま日本人の入浴のスタイルが欧米でも少しずつ受け入れられてきていると思うんです。今、『湯道』を始めることで、何十年ではできないかもしれないですけど、誰かが継いでいくことで『湯道』というものが一つの道となり、文化芸術になるんじゃないかなと思っています」

−−小山さんご自身もお風呂好き?

「もちろん。最初、銭湯に行ったのは幼稚園の頃ですかね。そこが最高の遊び場だったんですよ。僕たち世代の子供の頃、水中モーターっていう玩具が流行っていて、舟の底に吸盤でつけて走らせるような玩具なんですけど。それを持って、銭湯に遊びに行っていたというのが子供の頃の記憶として残っていますね」

「それを機に銭湯がものすごく好きになったんです。大学の頃などは、上京して風呂付きの家に住んでいたんですけど、やっぱり銭湯が好きなので、近所の銭湯に入りに行ってましたね。社会人になってもちょくちょく銭湯に行ってました。もちろん、今でも行きますよ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ