人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.11

お姫様か?すっぴんか?働く女性につきまとうメイクのジレンマ

 氾濫する玉石混交のコンテンツを前に、世の親たちは我が子に悪い影響が及ぶことがないようにと切に願っているだろう。そこで安心して子どもに見せられるコンテンツとしてディズニー映画などが推奨されることになるのだが、ある専門家によれば過度に“お姫様物語”を見せるのは女児にネガティブな影響を与えかねないという。

■“お姫様カルチャー”の功罪

 ディズニー映画が子ども、特に女児に与える影響について考察した著書『Girls & Sex, Cinderella Ate My Daughter and Waiting for Daisy』で知られる作家のペギー・オレンスタイン氏は、ディズニー映画とその関連商品を“お姫様カルチャー”と定義し、少女に与える悪影響を指摘している。具体的には、自己客観化(Self-objectification)と、自己セクシャル化(self-sexualization)が引き起こされるという。早い話が“おませ”になって、自分自身を性的に見られる対象として意識して身を飾るようになるのだ。

 また昨年に発表された米ブリガム・ヤング大学のサラ・コイン教授らの研究では、4歳の時点でディズニー映画などの“お姫様カルチャー”に強く感化された女児は、“女は女らしく”という昔ながらのジェンダー観を早いうちから抱く傾向が高いことを報告している。

「ステレオタイプのジェンダー観に固執する少女は、自分に制限を設けてしまいがちになります。“女の子らしい”ことを最優先する彼女たちは数学や理科などうまくできるわけがないと考えてしまうのです」と、コイン教授は説明している。


USA Today」より

 もちろんディズニー映画の感動的なストーリーや豊かな映像表現は子どもにとって貴重な感動体験になるだろう。また登場する美しいプリンセスを見て美しいと口にすることになんら問題があるわけではない。しかし過度に“お姫様カルチャー”に浸ってしまうことで、女児は自分の将来の可能性を自分で狭めてしまうことが問題視されているのだ。

 この問題を扱った「USA Today」の記事では、女児を持つ親に対して専門家からのアドバイスを紹介している。

・子どもが消費するコンテンツが“お姫様カルチャー”に偏らないように注意する。自然科学系の子ども向け番組や映画なども見せるようにしたい。

・色鉛筆やレゴブロック、積み木など創造力がさまざまな形で発揮できるように幅広く玩具やグッズを与える。

・プリンセスの存在価値が美しさや綺麗さではないことをしっかりと伝える。お姫様のコスプレをした娘には「どうしたら民の暮らしを良くできるのでしょうか」、「どうやって人々を助けましょうか」などの質問をしてみる。

・母親は娘の前で自分の体重や体型の不満を言ってはならない。娘が体重や体型を意識しはじめるのは母親の言動によるケースが最も多いといわれており、娘の前ではその種の話をしないことに尽きる。

・美しさは外見だけでなく、内面の美しさがあることを教える。親切心や公への奉仕などの“美徳”を早いうちに教え込む。

 娘が喜ぶからという理由だけで“お姫様カルチャー”のグッズばかり買い与えることがないようしたいものだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ