人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.11

幻の銅閣から心鎮める夜坐まで!文化財が期間限定で特別公開される京都夏旅のススメ

◆京都大学 花山天文台 〜京都市街を見渡せる日本の天文観測のメッカ〜

次に訪れた「京の夏の旅」特別公開スポットは、標高220mの東山連峰の山中にある京都大学 花山天文台。昭和4年に日本で2番目に建てられた大学天文台です。過去にはアポロ計画のためにNASAが作った月面地図のデータを提供したこともある、日本の天文観測のメッカともいえる場所です。

本館を登りきると、目の前には国内3番目の大きさを誇る45cm屈折望遠鏡が現れます。想像を上回る大きさに、ただただ驚くばかり。この望遠鏡を通して撮影された月や惑星の写真を見ると、月のクレーターや土星の環もくっきりと映し出されていることが分かりました。

 

通常は観光ガイドさんが天文台の説明をしてくれるのですが、今回は特別に、花山天文台9代目の台長・柴田一成さんにお話を聴かせていただきました。天文学には正直あまり詳しくない私でも、柴田さんがイキイキとお話しする様子につい引き込まれてしまいました。


天文台について説明する台長の柴田一成さん

祇園閣と花山天文台に共通しているのは「眺望の良さ」です。天候次第ではあべのハルカスが望める方角もあるようです。

京都大学 花山天文台
住所: 京都市山科区北花山大峰町(東山ドライブウェイ内)
アクセス: 地下鉄東西線 蹴上駅からタクシー約5分、地下鉄東西線 東山駅から無料シャトルバス約10分
料金: 大人800円、小学生400円
※シャトルバスの運行スケジュールはこちらから
※自家用車でのお越しはご遠慮ください

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。