人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今クルマを買うなら居住性の高い軽自動車か?乗りやすいコンパクトな普通車か?

2017.08.10

軽自動車

軽自動車ブームが加速している。5月の軽自動車の販売台数は何と前年同月に比べ25.3%増で、13万台超を売り上げた。知らない間に驚くべき軽自動車が発売されているのだ!

◎顕著な拡大を続けるKカー旋風再到来!

 高い居住性やオープンカー、普通車並みの安定性や走り……。

 まさしく軽自動車が変貌を遂げているのだ。30代の男性、女性にも人気が高く、マイカーを軽自動車にしている人は約43%(ソニー損害保険調べ)と、半数に迫る割合。

「今や軽自動車には広さを演出したり、維持費の安さを謳ったりする〝安い実用車〟のイメージは全くありません。それだけにこれからの軽自動車人気は〝本物〟。普通車とも競い合って、日本ならではの市場を形成しそうです」(飯田さん)

 それと呼応するかのように、普通車の小型化モデルも続々登場している。SUVに憧れていたユーザーから支持される『CX-3』を筆頭に、小ぶりながらも、軽自動車の弱点であるハイパワーを強調するモデルや、軽自動車並みの取り回しやすさ、維持費の安さを強調したユニークなモデルなども登場している。

 居住性の高い軽自動車か、乗りやすいコンパクトな普通車か。自動車を選ぶための選択肢はますます増えているのだ。

■Kカーなのにすごい居住性
 スズキ『ワゴンRスティングレー』119万8000円~
(写真右)

軽人気を牽引してきた『ワゴンR』の6代目。燃費の良さに加え、背の高い軽自動車で、大人4名が快適に乗車できる居住性を備える。全長3395×全幅1475×全高1650mm。

ポイント【1】ヘッドアップディスプレイ搭載

ヘッドアップディスプレイ搭載
ダッシュボードにヘッドアップディスプレイを装備。速度やシフト位置などを表示し、快適な運転を実現。

ポイント【2】優れたインテリア性を追求

優れたインテリア性を追求
メーター類、操作パネルはセンターに集中。細部の作りも繊細なインテリアがこれまたKカーとは思えない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。