人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.06

エスキュービズムから家具の下にも潜り込む高さ32mmの超薄型ロボット掃除機が登場

エスキュービズムは8月初旬より、厚さ3.2cmの超薄型「ロボット掃除機 SCC-R05GM」の販売を開始する。従来の多くの家電は、リビングでの使用を前提として作られていた。しかし日本の住環境は、書斎や寝室、ワンルームなど、「ROOM(小部屋)」と呼ばれる空間が多くある。そこで、同社は家電を生活空間から捉えなおし、「ENRICH THE ROOM/部屋を、ひとつ豊かに」というコンセプトの下、ルームに合う家電を開発している。

今回発売される「SCC-R05GM」も、そんなワンルームや書斎、寝室等のルーム(小部屋)で使用することを前提とした「ルーム家電」となる。日本の家具は脚が低いものもあり、従来のロボット掃除機の厚さでは、ベッドやテレビ台など家具によっては下には入ることができず、十分に掃除が行き届かないということもあった。そこでマッピング機能などを省くことで、超薄型を実現。日本の部屋に合ったロボット掃除機を開発したという。予想実勢価格は約1万4800円。

その主な特徴としては、最初に触れたように高さ32mmの超薄型を実現。手の届きにくい家具下を重点的に掃除する「家具下重点モード」搭載した。そして2つのエッジブラシでごみを掻き出してしっかり吸引するほか、段差も安心の「落下防止センサー」を搭載する。またルーム(小部屋)という限定スペースを考慮し、充電時や未使用時はコンパクトに収納できる縦置きスタンドが付属する。充電約3時間で約1.5時間の駆動が可能だ。インテリアとの親和性やコーディネートを考慮した、3種類のカラーバリエーションが用意される。

本体サイズは幅228×奥行き258×高さ32mm、0.8kg。

 

関連情報

http://sc-tsusho.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ