人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.02

「防災を意識している」人は6割、半年前と比べて低下

九州北部を襲った豪雨からまもなく1か月。近年、日本では甚大な被害をもたらす自然災害がしばしば発生しており、9月1日の「防災の日」を前に生活者の防災に関する意識も高まっているのではないか。そこでマクロミルでは、そんな実情を探るべく、独自の調査を実施。その結果を、東日本大震災から6年となる2017年2月に実施した調査とも一部比較しながら公開している。

我々の社会生活や生命に大きな被害をもたらす規模の大災害に対して、日頃からどの程度「防災」を意識しているのかを聞いた。その結果は“意識している”は58%(「とても意識している」8%+「やや意識している」50%)で、今年2月の同調査(69%)よりも、11ポイント低下している。

防災意識

この1年で大災害への備えの強化を「していない」という人は53%で前回の調査(38%)より15ポイント上昇した。備えを「強化した」という人の回答を見ても「日用品・水・食料品などの備蓄」や「ハザードマップの確認」をはじめ、すべての項目で前回の調査よりも減少している。また、実際の備えの状況は、「備えをしている」8割で、今年2月の同調査の結果から大きな変化は見られなかった。年間を通じた大災害に対する備えは、9月1日『防災の日』の前よりも、3月11日『6年前に発生した東日本大震災』の前の時期にする、という人が多いようだ。

この1年間で強化した大災害に対する備え(上位10を抜粋)


大災害に対する備えの状況

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。