人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.02

日本人は他国の人と比べて「自己肯定感」が高い?

誰もが自分と他人を比べたり、羨んだりした経験があるはず。そんな感情は時として自己嫌悪にも繋がりかねないが、もしかすると他人を羨む自分も、誰かから羨ましいと思われているかもしれない。立教大学経営学部の春学期科目「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングでは、そんな「自己肯定感」をテーマにしたインターネットリサーチを共同で実施。その回答状況と分析結果を公開した。

なお、この調査では自己肯定感を、「自分を肯定する感覚」つまり「自分は大切な存在、価値ある存在だ」と感じる心の感覚と定義している。

まず現在の自己肯定感について聞いたところ、全体で最も多い回答は「どちらかといえば低いと思う」となり31.0%が回答した。「とても高いと思う」、「高いと思う」、「どちらかといえば高いと思う」を合計した高い計は44.8%と半数に満たない結果に。年代で比較をすると、自己肯定感の高い計が最も多かった年代は60代以上となり、64.5%が回答している。

【学生コメント】
日本人の自己肯定感が他国の人々よりも低い、というデータは見たことがありましたが、改めて見てみるとやはり半数以上の人々が自分の自己肯定感を低いと思っているのだとわかりました。また、年代が上がっていくにつれて自己肯定感が上がっていくという結果を興味深く感じました。

 

続いて今の自分自身が好きかと聞いたところ、最も多い回答は「どちらかといえば好き」となり40.4%が回答した。自己肯定感別にみると、自己肯定感が高い層が自分のことを好きだと感じているようだ。

【学生コメント】
自己肯定感が高い方はもちろんですが、自己肯定感が低い方のなかにも自分のことが好き、と答えている方が一定数いるのに驚きました。これは一見矛盾しているようですが、自分の欠点やよくないところも含めて、自分のことを好きだと答えられているのではないかと思いました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ