人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.02

スズキのコンパクトSUV『エスクード』に1.4ℓ直噴ターボエンジンモデルが登場

スズキはコンパクトSUV『エスクード』に、1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」を追加。先日より発売を開始した。価格は258万6600円。

エスクード 1.4ターボ

その特徴としては、まず燃費とパワーを両立する1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)を搭載。2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現したうえ、街乗りから高速走行まで幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮する。

エスクード 1.4ターボ

安全装備では、ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」を標準装備。さらに前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能を備えるなど、充実の機能を誇る。先行車との速度差や車間距離を測定し、あらかじめ設定した速度(約40~約100km/h)で先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する、アダプティブクルーズコントロール(ACC)も標準装備した。SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグも標準装備する。

エスクード 1.4ターボ

走行性能では「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなるスズキ独自の新世代四輪制御システム「ALLGRIP」を採用。AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つのモードから選ぶことで、さまざまな走行シーンにおいて、優れた走破性と走行安定性を実現する。また、エスクード専用制御を採用し、オフロードに多い前後2輪(対角輪)がスリップする路面状況での走破性を向上。LOCKモード選択時、さらに強力なブレーキ制御を行なうことでより高い悪路走破性を獲得している。

「エスクード」は、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売する。

エスクード 1.4ターボ

関連情報

http://www.suzuki.co.jp

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ