人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもの夏休みの宿題、保護者はどこまで手伝うべきか?

2017.08.02

■「自由研究」や「読書感想文」では、約2割の保護者が助言や一緒に制作

調査結果から「ドリル」や「音読」を除いたほとんどの宿題で、保護者が助言や制作などのサポートしていることがわかる。とくに、「自由研究(調べ学習・レポート・工作)」「読書感想文」「自由形式の作文」は、助言をしたり、実際に制作をした保護者が2割を超え、夏休みの宿題が保護者にとっても負担となっていることが判明した。

■夏休み当初の、働きかけが肝心!

夏休みの宿題はドリルや作文、自由研究などいろいろあるはずです。夏休みが始まる際に、どの宿題をいつまでにやるかをお子さんと話し合っておきましょう。ポイントは夏休みが終わる1週間前をめどに計画を立て、進捗を確認してあげることです。

とくに、自由研究など自分でテーマを決めるものは早めが肝心です。なかなかテーマが決まらないようなら、まずはネットや書店で、お子さんと一緒にいろいろなテーマを見ることから始めましょう。選ぶポイントは、お子さん自身が興味をもてるかです。好きなテーマであれば、その後の宿題への意欲も高まっていくはずです。(佐藤久実子)

【調査概要】
調査期間:2016年09月06日~2016年09月23日
調査対象:全国の小学1年生から6年生の子どもがいる保護者720名
調査方法:インターネット調査

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。