人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年上半期の「ふるさと納税」人気ランキングBEST10

2017.08.02

「納税」という言葉がついているふるさと納税だが、実際には都道府県、市区町村への「寄附」となる。一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行なうことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除される。一方、ふるさと納税では原則として自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象。自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行なうことが可能だ。

日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を企画・運営するトラストバンクは、2017年1月1日から6月30日までの6か月間を対象にした2017年上半期人気ランキングを発表した。このランキングでは、今後ますます注目が高まる寄附金の「使い道」、そして上半期において申し込み件数が多く人気となった「お礼の品」に関するランキングを紹介している。

■2017年上半期ベスト10
ふるさと納税「使い道」から寄附先となる自治体を選ぶ
『ガバメントクラウドファンディング』寄附金額ランキング

昨今、ふるさと納税の制度が注目を集める中で、寄附金の「使い道」への関心も高まっている。今後、自治体は、地域の課題解決や新しい取り組みに関する寄附金の「使い道」を提示することで寄附金を募り、寄附者は、「使い道」から寄附先となる自治体を選ぶ傾向が高まると予測される。
ガバメントクラウドファンディング(GCF)は、2013年9月から当サイトにて提供開始。ふるさと納税の制度を活用してプロジェクト型で寄附金を募るクラウドファンディングだ。自治体は寄附金の「使い道」を明確にするため、寄附者はその「使い道」から寄附先となる自治体を選択できる。寄附者の意思が確実に自治体の課題解決に反映される仕組みといえる。

※既に終了しているプロジェクトも含む

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。