人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.02

あの頃これが欲しかった!誰もがカンタンに魚雷を発射できるエポックの『魚雷戦ゲーム』

弾頭(敵に向けて高速移動し、加害を与える武器)に、エンジンで稼働するスクリューを内蔵して、水中を航行する事で目標を爆破できる魚形水雷兵器「魚雷torpedo」。

魚雷は、敵艦船の喫水下を破壊して浸水をさせる事が目的なので、潜水艦、水雷艇、駆逐艦、巡洋艦、雷撃機等に搭載され、艦艇同士の海上戦闘海戦時によく用いられていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%9A%E9%9B%B7

伝統的な海戦形態である「水上戦」では、それまでの移乗攻撃や体当たり攻撃から、遠距離の砲撃戦へシフトし、そして魚雷や艦対艦ミサイルが誕生する事により、戦闘形態が高度にシステム化、複雑化する事となりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%88%A6

この様に、海の戦いで大活躍をしている「魚雷」ですが、戦争を題材として戦闘を再現するシミュレーションゲーム「ウォーゲーム」のカテゴリーで、魚雷戦自体を再現するゲームは、今までなかなか存在しませんでした。

「誰でもカンタンに、魚雷戦を再現できないだろうか……」

そんな困難な命題に果敢に取り組んだのが、1958年創業の玩具メーカー「エポック社」でした。

エポック社

エポック社は1967年に、画期的な対戦型のボードゲーム(ボード上にコマを置いて動かしたりして遊ぶゲーム)を販売します。

まず、対戦者双方がお互いの的となる戦艦を3隻設置したら、魚雷発射管に魚雷をセットします。そして相手側の戦艦に向けて照準器で狙いを定め、パチンコ玉状の魚雷を発射! 魚雷は盤上を転がって、相手の戦艦に当たれば得点となり、6発の魚雷をそれぞれ打ち尽くして最終的に成績の良かった方が勝者となります。そんな、魚雷による海戦を高度にシュミレートしたゲーム「魚雷戦ゲーム」をエポック社が発売したのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%9A%E9%9B%B7%E6%88%A6%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

1967年発売の初代「魚雷戦ゲーム」がコチラ。魚雷を射出するスロープは金属板でできています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ