人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.31

10回以上海外に行っている旅行会社社員に聞いたお気に入りの海外旅行先

明日から8月ということで、オフィスでも夏休みを取る人が出始める時期ではないだろうか。それぞれに計画やプランを立てる中、誰よりも旅行に詳しい旅行会社の社員は一体どこに行っているのか。そして、どんな情報を持っているのか。DeNAトラベルでは10回以上海外に行ったことがある自社の社員を対象に「旅行会社社員に聞いた海外旅行先」に関する調査を実施。その結果を公開した。

まず「ホントは人に教えたくないくらいあなたのお気に入り海外旅行先を教えてください」という質問には、最も多くの人が選んだ渡航先はタイ(8.6%)。ついでアメリカ本土、ハワイ、ギリシャ(各5.2%)が並ぶ結果となった。
タイが選ばれた理由としては、バンコクなど定番のスポット以外にも、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』が撮影されたことでも有名な「ピピ島」や、フルムーンパーティが人気の「パンガン島」など、ひと味違う楽しみ方をしている人が多いようだ。
またアメリカやハワイなどの定番の場所でも「タンパでマナティとのシュノーケリング」(40代男性)や「オアフ島でもワイキキやラニカイビーチではなくワイマナロビーチ」(50代女性)などこだわりを感じられる回答が多く寄せられた。

続いて「あなたが訪れた中で物価が安くて驚いた旅行先を教えてください」の質問には、こちらはタイ(25.5%)が圧倒的多数で1位になった。その後はインドネシア(9.8%)、ベトナム(7.8%)、フィリピン(5.9%)、中国(5.9%)とアジアの国々が上位を占める結果となっている。

中でもタイは「具たっぷりのビーフンスープが屋台で100円程度だった」(30代女性)、「1万円くらいでスイートルームみたいな部屋に泊まれた」(30代女性)、「マッサージが1時間300円くらいで1日に2回行きました」(20代女性)など、何もかもが安く衝撃を受けている人が多かったようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ