人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海に行きたくなるのにはワケがあった!水辺のレジャーが身体にいい科学的根拠

2017.07.31

■釣りが健康に及ぼす5つの効能

 準備はそれなりに必要だが、体力面ではサーフィンよりもハードルが低いといえる水辺のアクティビティが釣りだ。この釣りもまた健康に実に有益であるという。釣りがもたらす実にシンプルな効能を5つ、ワイルドライフ系情報サイト「Wide Open Spaces」が紹介している。

●運動になる
 ずっとボートに乗っている釣り(加えて日本ではヘラ釣りやワカサギ釣り)以外は、一日中歩き回りサオを振る釣りはとても良い運動になる。特にフライフィッシングとルアーフィッシングは効果的な有酸素運動になる。減量に結びつくほどではないが、循環器系の健康には大きく貢献する。

●足腰に負担をかけない
 ジョギングなどのスポーツに比べて、足腰に負担をかけないのが釣りだ。もちろん自然の釣り場のポイントに辿り着くまではそれなりのハイキングが必要になるケースもあるが、それでも無理な動きをすることは少ないため身体に負担をかけずにアウトドアのアクティビティを楽しむことができる。

海に行きたくなるのはワケがあった!水辺のレジャーがカラダに良い科学的理由
Wide Open Spaces」より

●リラックス効果
 自然に囲まれて魚を釣ることだけに集中することで、精神の落ち着き、平静を得てリラックスすることができる。そしてもちろん、水面を眺めることで瞑想効果が得られたり、太陽光を浴びてビタミンDの生成も促進される。

●器用さの向上
 巧みにサオ(とリール)を操ることが要求される釣りは、本質的に器用さが求められるアクティビティだ。釣り場で細い糸を結んだりする細かい作業も要求される。さらに繊細なアタリをとる釣りでは、常に感覚をシャープに保つことが求められるため、齢を重ねても運動技能の低下を抑えることができる。普段の日常生活では使わない筋肉を使うこともまた身体にとって良い刺激になる。

●楽しい!
 なによりも楽しいひと時を過ごすことが心身の健康に大きく寄与する。今日の高度情報化社会で刻々と変化に晒されるなかにあって、ますます気分は乱されがちになっているが、単純に海や川や湖に出かけて釣りを楽しむことは大いなる癒しの時間になる。

 天候の急変などが発端となる“水の事故”にはじゅうぶん留意し、決して強行軍などせずに安全に水辺のアクティビティを楽しみたいものだ。

文/仲田しんじ

フリーライター。海外ニュースからゲーム情報、アダルトネタまで守備範囲は広い。つい放置しがちなツイッターは @nakata66shinji

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。