人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.31

カシオ「EDIFICE」からカーレースの緊張感や臨場感を表現したスマホ連携型腕時計が登場

カシオ計算機は、ダイナミックなデザインと先進テクノロジーを兼ね備えた高機能ウオッチ「EDIFICE」より、スマートフォンと連携する新製品として、カーレースの緊張感や臨場感をデザインと機能で表現した『RACE LAP CHRONOGRAPH EQB-800』(3モデル)を8月10日より順次発売を開始する。

ラインアップはベゼルカラーがブルーの「EQB-800DB-1A」5万円、シルバーの「EQB-800D-1A」4万6000円、ブラックの「EQB-800BL-1A」4万8000円。発売日は「EQB-800DB-1A」「EQB-800D-1A」が8月10日、「EQB-800BL-1A」は9月8日。

EQB-800DB-1A

同社では、スマートフォンを介してタイムサーバーに接続することで、世界中どこでも正確な時刻を取得し、さらにサマータイムやタイムゾーンの情報を自動更新できる新世代モジュール「Connectedエンジン」を開発、“EDIFICE”を始め“G-SHOCK”や“OCEANUS”に搭載している。

今回発売される『EQB-800』は、「Connectedエンジン」を搭載し、モータースポーツにインスパイアされたデザインと機能を併せ持つクロノグラフだ。12時側のインダイアルには、日本のプロレーシングチームのアドバイスを受け、目標タイムに対するラップタイムの差を直感的に把握できるターゲットタイムインジケーター機能を搭載。

目標タイムの10秒前からカウントダウンを開始し、ハイスピードで走行するレーシングカーが戻るタイミングを計れるため、チームスタッフはドライバーに的確なサインボードの掲出を、観戦者は応援する車が目の前を通過するタイミングを把握できるなど、実用的な機能に仕上げられている。

 

ターゲットタイムインジケーター

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ