人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.31

家呑みの頻度、7割以上の人が「週2回以上」

居酒屋・ビアガーデンで飲むより自宅でのんびり飲む方が好きな人もいるのではないだろうか。アサヒグループホールディングスの生活文化研究所は、6月21日~6月28日にインターネットで、「家飲み」に関する意識調査を実施し、2105人の有効回答を得た。

■7割以上が「週2回以上」の頻度で家飲み

家飲みの頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日(の頻度で家飲みとしている)」と回答した人は全体で35.7%。さらに「週2~3回」(22.3%)、「週4~5回」(17.2%)が続き、全体の7割以上が少なくとも「週2回以上」の頻度で、家飲みを楽しんでいることが明らかとなった。性別でみると、「ほぼ毎日」と回答した女性は27.5%。その一方、男性は半数近い43.0%を示し、毎晩の日課として家飲みしている男性も少なくなかった。年代別では「週4回以上」という声は、20代で37.6%、30代で41.2%と半数以下に留まったものの、40代で52.2%、50代で55.3%と増加。さらに60代で60.7%、70代以上では70.8%を占め、年代と共に「家飲み」の頻度が高まる傾向が見られた。自由回答の中には、現役を退いたシニア層では、会社帰りの一杯に代わって「家飲みが増えた」という人もいた。

 

過去8年間の「家飲み」調査を見ると、「週4回以上」が特に高かった年は、消費税8%が導入された2014年(56.1%)と、東日本大震災があった2011年(54.9%)。消費マインドが低下し家計の節約意識が高まると、結果的に「外飲み」から「家飲み」の比率が高まる傾向が見られる。ちなみに今年は52.9%と、家飲み頻度の高かった昨年よりも1.8%ダウンしている。経済の上では日経平均が2万円台に復活し、日本企業の業績回復に期待が寄せられる中、「家飲み」頻度にも少なからず変化が生じているのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ