人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【90年代スニーカー再考】人気ショップ「Styles」矢部雅人さんのイチ押しのadidas『CAMPUS』

2017.07.28

 1970年代の初期に登場したバスケットボールシューズである『TOURNAMENT(トーナメント)』は、スウェードのアッパーによるソフトな履き心地で人気を博す。その後、プレースタイルの変化とともに、スウェードアッパーのモデルはオンコートで履かれなくなるのだが、1983年に『TOURNAMENT』の後継モデルとして『CAMPUS』がリリースされる。名前の由来は大学のキャンパス。1990年代に入り、ビースティ・ボーイズが身に着けたことで人気に火が付き、ストリート、ファッションシーンにおける定番となった。

矢部さん:まだ日本にアディダス オリジナルスのショップができる前のことです。当時はスニーカーショップも今と違って並行輸入のお店が多かったですよね。原宿の店舗で働いていたときに、近くのショップで見かけて購入したのがこの『CAMPUS』です。スリーストライプスにリフレクターを採用した『CAMPUS』って結構珍しいと思うんですが、見た瞬間に買うことを決めました。

 ハイテクスニーカーブームが起きた90年代には、ヴィンテージのブームもあった。矢部さんのルーツがあるのは、ヴィンテージブームのほう。

矢部さん:ヴィンテージの『SUPER STAR』や『NYLON CORTEZ』を探して、渋谷、原宿、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪から千葉方面まで、あちこち歩き回った記憶があります。今のようにスマートフォンで世界中の情報が集められるっていう時代ではなかったですしね。情報源は紙媒体や口コミが中心。あとはショップを回って、足で稼ぐというか、歩いて探す時代でした。苦労したからこそ好きなものをとことん好きになったし、手に入れたものは自分にとって特別で、すごく大切にしていました。その頃に好きだったもの、影響を受けたものは、自分に染み付いている気がします。『CAMPUS』は、サンタモニカ時代に海外に買い付けに行ったときにも、日本にない色を探したりしていたので、人生の一部と言ってもいいぐらいの存在ですね。

■問い合わせ先

Styles 代官山(スタイルス ダイカンヤマ)
電話:03-6415-7722

公式通販サイト
calif-カリフ
http://calif.cc/brand/styles/

Styles ZOZOTOWN
http://zozo.jp/shop/styles/

取材・文・神津文人(こうづ・ふみひと)
カルチャー誌、ファッション誌、モノ誌とメンズ誌の編集部を経て独立。現在はフィットネス関連、スニーカー関連を中心に雑誌やWebメディアで執筆中。『青トレ:青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)にも携わる。

■連載/90年代スニーカー再考!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。