人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.28

【90年代スニーカー再考】人気ショップ「Styles」矢部雅人さんのイチ押しのadidas『CAMPUS』

■連載/90年代スニーカー再考!

【90年代スニーカー再考】人気ショップ「Styles」矢部雅人さんのイチ押しのadidas『CAMPUS』

 ナイキの『AIR MAX 95』や、リーボックの『INSTAPUMP FURY』といった誰もが知る名作が牽引し、社会現象にもなったハイテクスニーカーブーム。NBA人気に伴う『AIR JORDAN』シリーズの流行。90年代は、現在でも愛され続けているスニーカーが数多く生まれた。90年代とはスニーカーにとってどのような時代だったのか。識者の証言とともに検証していく。

■ヴィンテージブームも90年代の一面

 今回、話を聞いたのは、今年4月にリニューアルを果たした「Styles」でブランドマネージャーを務める矢部雅人(やべ・まさと)さん。新ショップは、「Styles」が提案し続けてきた「AUTHENTIC SPORTS FASHION」の要素に、新たなキーワードとなる「ラグジュアリーミックス」をプラスした商品ラインナップを展開している。日本だけでなく、世界のスニーカーフリーク、ファッション好きから注目されている人気セレクトショップでマネージャーを務める矢部さんの90年代の思い出の一足はアディダスの『CAMPUS(キャンパス)』だ。

 ビースティ・ボーイズやRUN-D.M.C.が好きで、音楽的にはもちろん、ファッション面でも影響を受けたという矢部さん。そこには3歳年上の兄の存在があった。

矢部さん:ビースティ・ボーイズやRUN-D.M.C.の音楽が家でずっとかかっていましたからね。自然と好きになったというか、興味を持つようになりました。音楽から入っていって、その人たちのファッションも気になって。彼らが履いているから、アディダスの『SUPER STAR(スーパースター)』や『CAMPUS』が、オシャレなスニーカーに違いないと。兄が黒白の『CAMPUS』を持っていたんですが、それをデート用にたまに借りていました(笑)。その頃の僕には黒白の『CAMPUS』が一張羅だったんです。

 大学卒業後、古着屋のサンタモニカで働き始めた矢部さん。写真の『CAMPUS』を購入したのは、1998年。サンタモニカ勤務時代。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ