人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.07.28

高橋名人がガチ比較『PlayStation VR』VS『Nintendo Switch』どっちが楽しい?

年末商戦を沸かした『PlayStation VR』(以下PS VR)と、今まさに話題沸騰中の『Nintendo Switch』(以下Switch)。プレイスタイルがまったく異なる2つのゲーム機を、あの高橋名人が自腹で買ってプレイして分かった、おすすめの遊び方を伝授する!

◎没入型とみんなでワイワイ型

「1人でどっぷりとゲームや映像の世界に浸かれるPSVR。Switchは、皆でワイワイと遊ぶためのアイテムですね」

 そう2つを分析する高橋名人。さらに、PSVRは対象年齢が12歳以上だが、Switchは小学生とも一緒に遊べるのが、大きな違いだとも指摘する。

「とにかくPSVRは没入感がマックスです。特に飛行機などの乗り物系との親和性は高い」

 例えばフライトシュミレーション系のゲームであれば、映像がテレビ画面に限定されないのが従来との違い。顔を横に向ければ、コクピット横の景色が見える。さらにヘッドホンを付ければ、左右や後方からも音が聴こえ、臨場感が半端ない。

 一方でSwitchは、PSVRのように対象年齢がないので、買った直後からとまどうことなく楽しめる。さらに、ゲーム内容が子供目線なのも特徴だと言う。

「正直、人を撃つゲームが苦手なんです。でも『スプラトゥーン 2』は、ペンキで敵を攻撃!残酷さがなく好きですね」

 今は奥さんにSwitchを独占されているという高橋名人。PSVRを1人で楽しんでいるが「早く返して!」と叫んだ。夫婦でゲームを楽しみたい!?

■遊び方を〝スイッチ〟する新機軸ゲーム機

任天堂『Nintendo Switch』

任天堂『Nintendo Switch』2万9980円

シーンに合わせて、据え置き機、携帯機などに文字どおり〝スイッチ〟して遊べる。本体液晶は1280×720ピクセル。付属ドックに装着し、テレビに出力する際には1920×1080ドットのフルHD解像度を誇る。モーションコントロールもできる「Joy-Con」(ジョイコン)を操って楽しむ。

ゲームコンテンツやプレイ人数に合わせてコントローラーも多彩にカタチを変えられる
ゲームコンテンツやプレイ人数に合わせてコントローラーも多彩にカタチを変えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ